アンチエイジングの食べ物って?

トップページ
お気に入りに追加

アンチエイジングは食べ物が決め手!

kannga

アンチエイジングは、女性にとって永遠のテーマ。本来、アンチエイジングとは見た目の若返りだけでなく、身体の中から老化を防ぎ、体も心も健康で若々しくあることです。

そのためにはバランスのとれた食生活が重要なポイント。規則正しくバランスよく栄養を摂取しながら、なおかつアンチエイジングによい食べ物を積極的に摂取していきましょう。

アンチエイジングによい栄養成分と食べ物をまとめてみました。

●美肌にアプローチする、ビタミンA食品
ビタミンAは皮膚の代謝を高め、美肌づくりに役立ちます。ビタミンAはレバ―やうなぎに多く含まれますが、にんじん、ほうれん草などに多く含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変わりますので同様の効果が期待できます。
●シミに効果のある、必須アミノ酸のメチオニン
シミの原因となるメラニンの発生を抑え、できてしまったメラニンを排出する働きのある『L-システイン』を、体内で作ることができるのがメチオニンという必須アミノ酸です。メチオニンが多く含まれる食べ物は、赤身の豚肉、サーモン、ブロッコリー、芽キャベツ、タマネギ、にんにくなどがあります。
●新陳代謝を高める、ビタミンB群食品
細胞の新陳代謝を高めてくれるビタミンB群は、アンチエイジングには欠かせない栄養素。ナッツ類や玄米、納豆、玉子、バナナなどに多く含まれています。
●肥満予防に効果的な、低GI食品
食後の血糖値の上昇度合いを示すのがGI値。このGI値が低い食べ物ほど、糖の分解吸収がゆるやかなので、肥満やメタボの予防につながります。低GI食品には玄米、全粒粉のパン、きび砂糖や黒砂糖など、皮や殻のついた精製前の食品のほか、お酢にも、GI値を下げる効果があります。

アンチエイジングには、抗酸化作用のある食べ物を。

una

活性酸素は、体内の酸素と結び付ついて、私たちの身体にさまざまな弊害をもたらしますが、老化もこの活性酸素が原因のひとつ。つまり、活性酸素はアンチエイジングの大敵なのです。

この活性酸素を除去できれば、アンチエイジング効果が期待できるのです。活性酸素を除去するには抗酸化力の高い食べ物を摂ることがいちばん。

抗酸化力の高い、すなわち抗酸化物質を多く含む食べ物には以下のようなものがあります。

●抗酸化ビタミンを含む食べ物
ビタミンA、C、Eはビタミンエースと呼ばれ、現代人に欠かせないビタミン。それぞれに優れたアンチエイジング効果があり、お互いが一緒に作用するとさらに効果がアップします。

  • ・ビタミンA…レバ―、うなぎ、にんじん、カボチャ
  • ・ビタミンC…赤ピーマン、いちご、パセリ、レモン、キウイ、ブロッコリー
  • ・ビタミンE…まぐろ、鮭、かぼちや、ナッツ類
●カロテノイド(カロテン)を含む食べ物
カロテノイドは自然界に素材する色素で、緑やオレンジ、黄色など色の濃い野菜に多く含まれます。とても強力な抗酸化作用で、体内の活性酸素を消し去ってくれます。
にんじん・かぼちゃ・ほうれんそう・春菊・アボカド・トマト・すいか・芽キャベツ・とうもろこし・オレンジ・マンゴー・とうがらし など
●ポリフェノールを含む食べ物
強力な抗酸化力のあるポリフェノールは、水溶性、脂溶性のどちらでも働くのでアンチエイジング効果に大きく期待できます。ポリフェノールにはさまざまな種類がありますが、代表的なものには次のような食べ物があります。

  • ・カテキン…緑茶、ほうじ茶、れんこん
  • ・イソフラボン…大豆、納豆、豆腐、油揚げ、味噌
  • ・クルクミン…カレー粉、ウコン
  • ・ショウガオール…しょうが
  • ・カカオマスポリフェノール…チョコレート、ココア
  • ・アントシアニン…ブルーベリー、ぶどう、いちご、カシス、赤じそ